Copyright (c) Piik. All rights reserved.

 

 

 

■ 中 学 部 ■

 

中学から高校への進学は言うまでもなく入学試験を受験し、入学を認められた生徒が進学を許されます。帰国枠での受験であっても、進学希望者が集中する3教科の学科試験を課す有名高校では、国内生と同等の学力を要求しています。

 

 

●数 学●

 

循環学習法を取り入れ(図参照)、当該学年の履修単元を1年で3回繰り返し学習します。一巡目では先取り学習として基本定理を丁寧に導入し、確認問題で定着させます。夏期講習会以降の二巡目では応用問題に取り組み、既知の基本定理の組み合わせ方を考えることで問題解決能力を養います。子どもに復習の必要性を説いてもなかなか実践できませんが、塾に通うだけで繰り返し学習できるシステムですので、自然に基本定理が定着する仕組みになっています。

 

 

●国 語●

 

入試頻出の問題解法の技術を身に付ける「設問からのアプローチ」と、様々な分野の文章を読みこなすための知識を身に付ける「内容からのアプローチ」の2つの観点から国語力向上に取り組みます。また、明確な根拠なく選んだ解答が正解してしまうような一部の選択問題においては、正解を先に教えてしまい、なぜその答えが正しいのかを宿題として考えさせる「解答先読み学習法」を取り入れ、設問と答えの間を論理的に結びつける指導を行っております。

 

 

●英 語●

 

 英語の受験対策については「現地校に通っているから大丈夫」と思われがちですが、日本語での文法語彙が欠如しているために設問の意味が分からず答えられないことや、英文和訳における熟語・連語の和訳が確実でないこと、英作文では文法がしっかりしていないために減点されるケースが目立ちます。現地校で学習していても「書く英語」の力は改めて学習し、身に付ける必要があります。

 

 

~使用テキスト~

 

有名私国立高校入試で頻出の問題が掲載されている、塾専用教材を使用しております。詳しくはご来塾の際ご説明いたします。

 

事前予約制となっております。詳しくは、気軽にお問い合わせください。

日本国内唯一の海外・帰国子女専門教育機関「JOBA」との提携により、正確かつ豊富な情報を提供します。

学習塾pqでは業務拡大に伴い、やる気あふれる講師を募集中です。履歴書を郵送、またはメールにて送付ください。